自分を磨く

おしゃれな飲食店で働く苦悩とは

自分磨きを怠ってはいけない

テレビや雑誌などで取り上げられるおしゃれな飲食店で働く店員さんは、お客さんから見ると、機敏よく働いているイメージがあります。
オシャレなお店で働く苦悩が店員さんにもあります。
普通のお店と異なり、おしゃれなお店では料理・雰囲気・店員の見た目や接客も重視されます。
特に店員に求められるのが、清潔感です。
普通に髪の毛を束ねるだけではいけないです。
清潔感だけではなくおしゃれな雰囲気を漂わせる髪型に仕上げ、さらに美しくメイクも施し、制服の着用もモデルさん並みに綺麗に整わないといけないです。
つまりマネキンのように美しい見た目が求められるので、常に自分磨きを行わないといけないです。

疲れていてもお客様の前では笑顔

オシャレなお店で働く店員さんの苦悩は、見た目だけではなく高度な接客レベルも求められます。
お客さんの前では、常に笑顔と高い声のトーンは当たり前です。
そして立ち居振る舞いにおいても、きびきびと歩きながらも、優雅にお客様を案内し、料理を運ぶ際も涼しい顔で両腕に何枚もの品の料理を運ばないといけないです。
当然、このような働き方をしていると疲れてしまいます。
疲れていても、お客様の前では常に笑顔を絶やさず、丁寧な接客を行うことが求められています。
オシャレなのはお店だけではなく、店員さんにも求められているので、仕事が終わるとやや疲れ切ってしまいます。

常に上を目指さないといけない

オシャレなお店で働く店員さんは現状で満足せず、常にレベルアップを求められます。
店内で歩くときは、背筋を伸ばしてしっかりと歩くことはもちろん、商品に関する知識なども日々勉強しないといけないです。
ラテアートやワインなどを提供するおしゃれな飲食店では、接客担当の店員もラテアートができるように指導されたり、お客様にワインの知識を証明するためにソムリエの資格取得を施すお店もあります。
まさにお店のスペシャリストとしてレベルアップを目指さないといけないので、日々勉強と経験を積み重ねていかないといけません。
オシャレなお店の店員として働くと決めたら、中途半端な気持ちで働くと周りの店員から大きな差をつけられてしまいます。
ここで、真剣に仕事と向き合ってレベルアップを果たせると、どこのおしゃれな飲食店でも通用できるような人材として成長できます。
入店したては、厳しく指導されますが、少しずつできることを増やしていくと、仕事のやりがいを感じることができ、おしゃれな飲食店で働く喜びを噛みしめることができます。

一人でも楽しめる!渋谷・のんべい横丁のおしゃれなバー「TIGHT」