おしゃれな飲食店の競争率

立地や時給もいいお洒落な飲食店は競争率も高い

競争率が高い飲食店とは

お洒落な飲食店は若い人を中心に競争率が高くなりますが、その要素は店内がお洒落、提供している料理がお洒落で話題、雰囲気がお洒落、シェフがテレビなどで活躍して有名、テレビなどに取材されて行列ができているなど様々あります。
一般的にお洒落な飲食店として人気のお店の共通項といえば、お洒落な立地、お洒落な雰囲気、時給の高さが挙げられます。
それゆえに競争率も高くなるのです。


たとえば、東京でいうなら表参道や南青山、銀座や六本木、恵比寿などの高級感もある大人の街のカフェやレストラン、バーなどが人気です。
お洒落な立地にあるお店は店舗の雰囲気も制服などもお洒落な側面が多いうえ、立地がら時給も高くなります。
チェーン店や同じファーストフード店やファミレスであっても、他のエリアに比べて時給が高くなる傾向があり、それも競争率を高める理由です。

お初天神のバーはこちらがおすすめ!

競争率が高い飲食店で採用されるには

では、競争率が高い飲食店で採用されるためにはどうしたらいいかというと、履歴書やスキル、見た目より何よりタイミングです。
求人案内を見て応募しても、選考される以前に既に応募者があって採用が決まっており、締め切られている可能性があるからです。
飲食店では人手不足は直ぐにでも補いたいので、企業の人材採用のように応募期間を設けて待ってくれたり、応募者全てを選考の対象にしてくれることは稀で、オープニングスタッフの長期募集でもなければ、応募順にどんどん選考が進められていきます。
そのため、基本は早い者勝ちになりますので、気になるエリアや気になるお店の求人情報を常にチェックして、気づいたら即応募するのが賢明です。
なかなかタイミングが合わないという方は、新規オープンや支店のオープンなどオープニングスタッフの大量募集がないかを狙っていきましょう。

面接までこぎつけたら

申し込みをしたタイミングでまだ採用者が決まっておらず、面接に来てくださいと言われたときはどうすればいいかといえば、やはり、飲食店ですのでお洒落よりも清潔感ある身だしなみと、接客で必要となる笑顔や丁寧な言葉遣いがカギを握ります。
お洒落な場所に行くからと髪を束ねずにロングヘアで行ったり、茶髪や金髪にイヤリングやピアスに指輪、ネイルをこれでもかと決めて行ったり、香水をぷんぷん臭わせたり、露出の多い服やハイヒールなどで出かけては、ちょっと違うと思われてしまいます。
身だしなみや化粧は必要ですが、あくまでも清楚で清潔感ある、お客様に受け入れられやすいスタイルで行きましょう。